病気と生活

デンスブレスト(高濃度乳房)を知って検査の迷いを少なくする

2017/06/01

小林麻央さんや、北斗晶さんが検査を受けていても乳癌を早期に発見できなかったという話題に、若い世代がちょっと不安になることがあると思います。これまで会社や自治体が推奨する健康診断ではマンモグラフィーの推奨年齢は40歳以上と言われてきました。ここ最近それだけやってれば安心というのではなく、若い人ほどマンモグラフィーはあまり奨められず、「マンモをやるのならエコーも一緒に組み合わせる」という検査の傾向にあります。そして、乳癌学会によると2015年に50代以上もマンモグラフィーの推奨度が引き下げられています。

スポンサーリンク

若い世代は乳がん報道が多い今どう思うか

若い世代ほど40代以降の世代よりも乳がん検診の有効性が薄いという事も言われ、不利益の方が大きいのではないかとも言われてもいます。ちなみに「不利益」とは、検査費用負担、擬陽性になった時の精神的負担、が主な事だと思いますが、それはデータとしてのとらえ方であって、一人一人の状況によると思います。

私自身、20代で乳がんに罹った身です。もし、20代の誰かから、漠然と検診ってどう思う?って言われたとしたら、私は癌だったけど、あなたは受けなくていいんじゃない?とは答えられません。一回気になったのにデータとしては受けなくていいと押し込めるのもどうなのかと思います。そもそも一回も気にならないのなら、それは受けなくてもいいと思います。

では、「若年性乳がんの話題」「検査しても発見できない」の報道だけ聞き続けて、自己触診でしこりもない、近親者に乳がん罹患者もいない、漠然とした不安にさいなまれる若い心配性の人はどうしているのでしょうか。実際、会社の健康診断でそれにあたる20代の人が漠然とした不安を抱え「オプション」として追加料金を払ってマンモグラフィーを希望して申し出てみたようです。

実際に20代で乳がん検診した人の迷い

その時、触診と問診をしたところ、高濃度乳房だからマンモグラフィーを撮らずに「エコー(超音波検査)だけ」をしましょう。と言われたようで、エコーの結果は異常なしという返事をもらって帰ってきました。

軽く説明はうけたものの、なにぶん、会社の健康診断で後の人が待ってるだろう事を気にして質問することが出来ず、「高濃度乳房」という言葉が頭の中をぐるぐるまわり、それは病気なのか。異常なのか。これからも検査した方がいいのだろうか。とても不安な気持ちで、その日一日の仕事が手につかなかったそうです。

帰ってから落ち着いて「高濃度乳房」を検索してそこで初めて、

なんだ!若い人の半分以上が高濃度乳房で、それは異常な事ではなく、ただ乳腺が発達しててマンモグラフィーしても分かりにくいからエコーだけにしたのか!
それも、自分が高濃度乳房だと言われた訳ではなく、「若い人は高濃度乳房が多いから」という意味で言われた事を改めて理解したのです。

せっかく勇気を出してがん検診したのなら

一方40代以上のマンモグラフィー推奨年代の検診は、その結果を「異常なし」か、「要精密検査」だけが言われることが多いと思います。なにか特記事項があるとすれば、一年に一回は検査を受けましょう等で、これまでは「高濃度乳房かどうか」「不均一高濃度乳房かどうか(同じくエコーをした方がいい乳房の状態です)」は書いてない、書いていても異常がないなら安心して忘れる人も多いと思います。それが検査を受けていたのに進行してから癌がわかった原因の一つでもあります。
健康診断の結果通知例
なので、より安心する為には自分が高濃度乳房かどうか、を確認しておく必要があると思います。検査時に「結果の記載のされ方」を聞いてみてもいいと思います。

デンスブレストがTVで放送されるみたい

ところで、高濃度乳房って、「デンスブレスト」って言うんですね。実は次回の世界一受けたい授業2月18日放送分の番組表の記載で改めて知りました。視聴率の高いゴールデンタイムでこの事が周知されて検査で迷う事が少なくなればいい事だと思います。ですが、この「病気」を取り上げる番組、今その病気または過去そうだった当事者のみなさま、取り上げてほしいような、欲しくないような気持ちって、私だけでしょうか?多分私だけではないと、そして複雑な心境も分かってくれる方が多いとも思っています。

それにしても、「デンスブレスト」って響き、暗いというか、重いというか、あまり縁起のいい響きがしません。「あなたはデンスブレストです」って言われたら、それは病名ではないと意味が分かっていても、なにか突き刺さるような錯覚がします。もっといい響きの言葉にしたらいいのにね~

乳がんの発症率を40%も下げる食物も紹介されるようです。今までの聞いた事あるような、体にいいのはこれまでにもわかっているような食べ物でしょうか?いずれにしても、体にいいものは思い出したその時だけでもその都度摂取してとりあえず満足する私です(^^♪

 *2月18日21時追記
40%下げる食物とは、「みそ汁」でした。原料の大豆のイソフラボンがいいって事ですね。
やっぱり 聞いた事あるヤツでした。一日3杯も飲んだら血圧上がります・・・


 

参考:世界一受けたい授業番組HPhttp://www.ntv.co.jp/sekaju/ (2月15日現在、次回予告欄がまだ記載されていません)

                      

-病気と生活